バルセロナのメルセ祭りで世界遺産の人間の塔を見てきた!@スペイン

シティ / City

スペイン・バルセロナでは毎年9月下旬、守護聖人メルセを祝う「メルセ祭り」(LA MERCE)が開催されます(9月24日が守護聖人メルセの誕生日にあたり、例年その前後4〜5日間での開催になります)。

メルセ祭りはバルセロナで最大のお祭りとして知られており、期間中はコンサートや演劇、伝統民謡踊り、大道芸、頭でっかちの巨人のパレード、花火大会など数多くのイベントが行われます。

この記事では実際にバルセロナでメルセ祭りを見てきましたので、その内容を少しご紹介します!

バルセロナ最大のお祭り メルセ祭り

お祭り期間中の街の様子

バルセロナのメインストリート、ランブラス通りやボケリア市場周辺を歩けば、頭でっかちの巨人が闊歩しています。お祭りを楽しむ人たちで大賑わいとなり、気軽に写真を一緒に撮ってもらうことができます。

夜には中高生くらいの年頃の子たちによる聖歌隊のパレード(演奏)が行われていて、バルセロナ市民みながお祭りに備え準備して思い思いに楽しんでいることがわかります。観光客も聖歌隊について回りながら演奏を楽しんでいました。

お祭り期間中はバルセロナ最大の繁華街ランブラス通りやボケリア市場周辺を歩けば、何らかのイベントに出くわすことができるでしょう。約500のイベントが開催されていますので、事前にスケジュール表を確認して気になるイベントに行ってみるのもいいですね。

メルセ祭り公式ホームページは こちら



メインイベント 世界遺産の「人間の塔」を見に行く

2010年に世界無形文化遺産に指定されている「人間の塔」はサン・ジャウマ広場で見学できます。

一番人気のイベントで広場の混雑が予想されるので、ホテルを少し早めに出て開始時間の40分ほど前にサン・ジャウマ広場に到着。人間の塔に近いスペースを確保することができました。

いくつかのイベントを終えると、ついにメインイベントの「人間の塔」がはじまります。

まずは4段の人間の塔の行進です。小さな女の子が真剣な眼差しでポーズを決めています。観客も大きな声援で応援!

お揃いの色のユニフォーム着た屈強な男性が出てきました。

男性の肩の上に男性が、さらにその上には細身の女性よじ登っていきます。最下段の男性はがっしりと支え、次々に肩の上に立ち上がっていきます。

塔はあっという間に高くなり、小学1年生くらいの小さな少女が勇気を振り絞ってよじ登っていきます。観客たちはみな緊張と祈りが入り交じる声援を送ります。

こちらは青チームの人間の塔。

完成したかと思った瞬間、

崩れ落ちました、、、それでも観客はガッツポーズで人間の塔に大歓声!!!

まとめ:お祭りムード一色のバルセロナに行こう!

9月下旬は気候もほどよくバルセロナ観光のベストシーズンだと思います。この記事はメルセ祭りのほんの一部の紹介になりますが、ぜひメルセ祭りで賑わうバルセロナに遊びに行かれてはいかがでしょうか。

メルセ祭り公式ホームページは こちら

海外ホテル予約サイト

\ Booking.comでセール中 /