奄美大島の絶対に行くべき観光スポット5選!どこを切り取ってもインスタ映えする美しい景色ばかり!

ビーチリゾート / Beach

LCCの就航により以前に比べて随分と旅行に行きやすくなった鹿児島県の奄美大島。

この記事では、奄美大島出身の友人に実際に現地で連れて行ったもらった奄美大島の絶対に行くべきおすすめの観光スポット5選をご紹介したいと思います!

奄美大島おすすめの観光スポット5選

ヤドリ浜海岸

奄美大島最南端に位置するヤドリ浜海岸です。

海岸沿いの木々をくぐって行くとホワイトサンドのビーチが見えてきます。

8月上旬の夏真っ最中の時期に行ったのですが、、海水浴客はおそらく奄美ローカルの子どもたち?の数人のみ。

まるで人類未知の誰にもまだ発見されていない無人島にいるかのような、手付かずの自然の海がそのまま残っている超穴場スポットです!

マネン崎展望台

こちらも奄美大島の南部、瀬戸内町の古仁屋から次に紹介するホノホシ海岸方向へ向かう途中にマネン崎展望台があります。

日本にまだこんな風景が残っていたんだ!とびっくりさせられるような展望台からの緑の景色とサンゴ礁の青い海が本当に美しい。この景色を眺めていると時がたつのを忘れてしまいそうになるほどゆったりとした時間が流れています。

そして向こう岸に見えるのは加計呂麻島(かけろまじま)という人口1300人程度が暮らす小さな島です。現在ではその住民のほとんどがご老人だそうです。

ホノホシ海岸

太平洋の荒波にもまれてできた丸い石(玉石)で有名なホノホシ海岸。

波に玉石がさらわれるたびにゴロゴロという鈍い音を立てるほどに強い波が立っています。このゴロゴロという音はなかなか普通の海岸で聞くことはできませんが、子どもたちはその玉石で石投げをして楽しんでいました。

雄大で美しくも力強い男性的なイメージある海、奄美の海は表情もいろいろ。

マングローブ茶屋

次は自然あふれる奄美ならではのアクティビティの紹介です。

マングローブ茶屋ではマングローブの広大なジャングルの中をカヌーで遊ぶことができます。1人艇と2人艇がありお好きな方を選んで時間無制限で遊ぶことができます。

ジャングルの中では動物や植物にも出会うことができ、ちょっとした冒険気分を味わうことができます。

ハートが見える風景

最後は奄美大島南部にある小さな集落、嘉鉄(かてつ)の峠道の途中の高台から見える風景の紹介です。

よーく見ると湾がハート形になっているのがわかりますでしょうか?

5選のラストは、もし見つけることができたら、ちょっと幸せになれそうな心温まるスポットの紹介でした。

まとめ:大自然が手つかずのままに残っている奄美大島に行こう!

奄美大島は温暖な気候と手つかずの自然がそのまま残っていることが最大の魅力の旅行におすすめのエリアです。

そんな奄美大島は現在、世界遺産登録を目指しています。世界遺産に登録されると、世界遺産としての地位を保持していくための厳しい基準を満たすために、手つかずの自然に人の手が加わってしまう恐れがあり、現地では世界遺産登録に消極的な意見を言う人もいるそうです。

何がベストな選択なのかはもちろん私にはわかりませんが、自然の島の風景がそのまま残る今のうちに!ぜひ奄美大島に旅行に行かれてはいかがでしょうか。

▶【Agoda】料金や空室状況を確認

▶【Expedia】料金や空室状況を確認

海外ホテル予約サイト

\ Booking.comでセール中 /